男の人

男性の自信をカムバック|インドジェネリックが魅せる回復力

手術後の生活

医者と看護師

包茎手術を経験したことがある人はすでにご存知のことでしょうが、手術後のダウンタイム中には性行為と自慰行為が禁じられます。包茎手術には乾燥式と潤滑式の2種類がありますが、そのどちらも術後2週間~20日は性行為を避けることとしているのです。あっという間に月日は流れるのでしばらくの間は我慢しましょう。そもそもダウンタイム中には、性器に若干の腫れや痛みが生じるものなのでそんな気が起きないかもしれません。
内と外に包帯を巻かれた状態で退院するので、包茎手術後3日間はそのままにしておきましょう。包帯をしたままでシャワーを浴びるのは難しいですが、3日後には新しい包帯を巻くことが可能になります。包茎手術跡には糸が縫われている状態になっていて、非常にデリケートになっているのでお湯の温度はいつもよりぬるい程度にしておくことです。
包茎手術を経て1週間ほど経過すると抜糸の為に再度クリニックへ足を運びましょう。クリニックによっては抜糸の必要がない、溶ける糸を用いるところもあるので、その場合には抜糸の為に通院することはありません。もしも包茎手術後の経過が心配だということなら、いつでも自宅から足を運びやすいクリニックを初めから選んでおくといいでしょう。最近ではフランクにカウンセリングを受けられるクリニックも増えてきているので、足を運ぶ際に恥ずかしいと思うこともないものです。その理由の一つに、クリニックのスタッフ全員男性陣で固めていることが挙げられます。同性であれば包茎の悩みも打ち明けやすいでしょう。